Blog

こんにちは、仁美です。


今年最後のバケーションである広島・尾道の一人旅を終え
あっという間にまた月曜日が来てしまいました。早いなあ。
ひとり旅は久しぶり。今回はカメラを持っての旅だったので沢山写真を撮りました。





この時期、このタイミング、そしてこの【ひとり旅】は計算されているとしか言いようがなかったなと今になって思います。
尾道のネコが膝に乗ってきて喜んだことも、浮かれて坂から転がったことも、大久野島でうさぎにたかられたことも、バスを40分も待ちぼうけしたことも、私にとってかけがえのない体験でした。どういうことか?




つまり、【ひとりで全てを決める旅】をしなければならなかった。






人はほとんど【自分以外の誰かが決めた枠組み】の中で生きています。
それは国、会社、親族、昔からの慣習、世の中の常識、当たり前、、、、、
文字で明文化されたものから、昔から代々続いている不可視な風習など様々です。
この枠の中で、さらに自分の役割や立場を考えて物事を決定したり発言したりしています。
自分がこうしたい、という思いよりも「こうしなければならない」「こうするべきだ」
色々な事を真面目に配慮するあまり、本来やりたかったこと、本当は夢見ていること、見たことない夢を見ることを諦めたりします。



2018年のテーマに【変革】を掲げ、今年1年で沢山の学びを得ました。
昨年とは全然違う生き方をして、経験したことがないこと沢山経験しました。その中には自分がやりたくなかったことも含まれています。やりたいことをやるだけでは経験とは呼べませんからね。そう、自分が想像できない経験をすることこそが良い経験なのです。
【ひとりで全てを決める旅】ということがここに繋がってきます。人生はよく旅とたとえられますが旅は予測不能なことやアクシデントも含めて旅なのです。
ひとりで全てを決める。
行き先、行く方法、動き出す時間、何もかも。

例えば毒ガス工場の廃墟が見たくて選んだ大久野島。天災の影響で電車が途中から止まっていたので途中からは振替バス。フェリー乗り場の近くのバス停への到着と、大久野島へのフェリーの出発時間がほぼ一緒。「絶対間に合わないだろうけど、行ってみよう。次の
フェリーまでかなり待つけど仕方ないか」と思ってバスに乗り込みました。一緒に乗っていた外国人観光客の皆さんが全力疾走してくれ、結果的に私も後ろから追いかけてフェリーに乗れました。
「行けるか微妙だったけど、行けた!」


帰りはフェリー到着時間とバスの出発時間がかみ合っておらず、何もないところでただただ40分待ち。外国人観光客達と一緒にコンビニで遅めのランチを買い駐車場で食べる。40分間ひたすら待つ。外国人だらけだけど、向こうからしても私は外国人だし。全員ボーッとしてる。ボーーーー。


こういったことひっくるめて、自分が決めた結果(旅)。
【尾道から大久野島行ってウサギも毒ガス工場も見て帰ってこれた】
自分が決めた方法で何かをすること。そしてそのすべてを引き受けること。
フェリーに運良く乗れたこと(成功)と、バス乗るのに40分も待ったこと(失敗)って捉えることも出来ると思います。それを両方とも引き受ける経験が必要でした。




誰にも相談しない。
誰の目も気にしない。
ラッキーもアンラッキーも自分のもの。
ああ、自分はこういうことに幸せを感じるんだった。




↑この写真とった後に坂から転げましたw




最近の世界のめまぐるしい変化を感じながら自分をどうやって生かそうかと考えます。
どうやって生かそうか、そして活かそうか。
きっと漠然とした不安というか、なんとなく見えない感を持っている人って多いんじゃないだろうか。私もそうです。私が美容師を志した時と時代はまるで変わっています。きっとどの業界もどの社会もそうですよね。そんな世界の中で本来やりたかったこと、本当は夢見ていること、見たことない夢を見ることを諦めずに生きるにはどうしたらいいのだろう。
大人になるほど、夢が必要だって思う。だって夢とか希望とか語るのに年齢制限なんて無いでしょ?
難しい顔して苦しみながら生きるためにこの世があるんじゃない。
いやー、生まれてきて良かったわーい!って思って死にたいやん?


今回の旅で出た答えの1つは【自分が生きたいように生きよう】です。
色々と悩み悩んで肌荒れもしまくった一年でしたが(生まれて30年肌荒れで悩んだことなどなかったのに)、悩むことはもうやめます。
今日やっと皮膚科にも行ったし、明日には今日より少し綺麗な私になってるはず。


尾道に持っていた本は堀江貴文氏の【ゼロ】
【悩むとは物事を複雑にしていくこと、考えるとは物事をシンプルにしていくこと】
なるほど、自分以外の色々なものに心を奪われすぎていたなあ。
思いっきり複雑にしてしまった1年だったので、、ここからシンプル化を進めていきます。


世界はワクワクに満ちている。




でしょ?





仁美でした。
おはようございます、仁美です。

昨日から明日までのお休み3連休。
今回は広島の尾道に来ています。
天気はあいにくの曇り空。幸いなのは雨が本格的に降らないこと。


今回は一人旅です。
自分の棚卸し時間というところでしょうか。
難波駅から尾道駅まで高速バスで約5時間。
昔のJ-POPを聴きながら、時々涙が溢れました。大丈夫、思春期混じりな34歳ってだけです。
1年という時間経過の中で、色々なものが自分の中に蓄積されているのでしょう。今回はそれを出す旅、出す旅。


2018年は自分のテーマ【変革】通り、
様々な変化を自分の中に見つけた年でした。

6月からの月8日休もそのひとつ。
【休みを増やすとお客さんが離れて行く】
という昔ながらの思い込みは、本当にただの思い込みでしかなかった。
きっと世の中はこんな思い込みで溢れているんだろうな。


これは個人的な意見ですので
さらっと読んで頂ければけっこうです。


美容師の勤務時間をもっと減らすほうがいいと思っています。
アパレルも同様。路面店は必要だと思いますが、営業時間自体を縮めるか、前半後半と勤務時間を分けるか。そしてその勤務時間自体も減らしたほうがいい。



美容師は専門知識や技術の習得に時間がかかります。かけるべきです。そして同時に必要なコミュニケーション力。個人の力を引き出したり、伸ばしたりすることに最大限のリソース(資源、資産)を使って、ハイパフォーマンスが出来るスペシャリストにしていく。

アパレルは現在はほとんどがネット通販。
路面店は商品を展示する場としての意味合いが強くなるので、ショップ店員さんは他の仕事を生み出したほうがいい。仕事というより、なんか面白いこと。面白いことをやってると多分やりたい人が集まるから、それを仕事にしたらいいなって思う。


こんなことを書き出した理由は、
「どうやったら思い込みを壊せるのかなー」という考えから。
美容、アパレル問わずどんなことにもあてはまるのですが、例えば今回取り上げた日本で世間一般に当たり前とされている【美容師の拘束時間の長さ】は昔から続く思い込みでしかない。


現にうちの副店長はパート勤務の形態で
月間指名売上100万円以上をコンスタントにキープしている。
最終平日17時半に退社するのに、です。
【長い営業時間=お客さんがつく】
という方程式ではないということ。

彼女の人柄、技術、コミュニケーション力、、、という、彼女自身がもっているリソース(資源、資産)をお客さんが支持している。つまり、リソースをもっともっと豊かにしていく必要がある。豊かにして行くために必要なのはお金ではなく、時間です。
学ぶ時間、コミュニケーションを取る時間、一人になる時間、、、

ちなみに彼女のリソースですが、
彼女自身の努力によって身につけた部分がとても大きいということを伝えなければいけません。勝手に持っていたものでも、楽して手にしたものでもありません。工夫と努力で自分自身の身につけてきたものです。
リソースを活かして実務に成果を出すという方法は「なんとなくやる」では絶対に成果が出ません。本気で、真剣に向かいあわなければいけません。自分にも、お客さんにも。



仕事、というものに対してどのような考えを持っているかで選ぶ道が変わります。それは会社の経営者の考えによるし、あなた自身の考えにもよるので正解はありません。
その人が何を選ぶか、です。


サロンでも何度かお話ししている方もいらっしゃると思いますが、私自身あまり仕事とプライベートの区別がありません。リソースを豊かにすることが仕事に繋がるし、逆に仕事で得たことがプライベートに影響します。
ただ、オンとオフは切り替えたほうがいいので、脳を切り替えるためにわざと洋服や持ち物で仕事とプライベートを分けています。区別がないなら同じでいいじゃないか、という話なのですがその理由は今回やめておきます。まあ、オンオフの切り替えが大切なことはなんとなくわかりますよね。



まとめると。




就業時間を減らし、
リソース(個人の能力)に時間を投資する
(就業時間以外の時間を豊かにする)
⬇︎
その特定のリソースをお客さんが支持する
(スタイリストの人柄、技術を支持する
⬇︎
【長時間就業=お客さんの支持率の高さ】
ではないので、成果が安定する。
個人体力、モチベーションも守られる。




ってこと。


こんな感じで今書いてます。笑



美容業界に入った15年から疑問に思っていました。




なんでこんなに長い時間営業するの?
なんでこんなに一生懸命技術つけてるのに
遊んでる大学生よりお給料激安なの?
なんでこんなに休みが少ないのに
なんでみんな何も言わないの??


美容師ってみんなが憧れる
カッコイイ職業じゃないの?




幸い、15年前より今はものすごーーーく環境改善されています。
だって月8日休みが当たり前になってきてるんですよ!!初任給も増えています。
15年かかって、、、やっと、、、、
だから、もっと変化をしていきたい。
思い込みはただの思い込みでしかないんだから。



ということで、今回は終わります。
では、また。
こんにちは、仁美です。

10月の連休に城崎温泉と天橋立へ行ってまいりました。
この上の写真は天橋立で乗ったフェリーで撮った夕日です。
雲が覆いかぶさっていても、その向こう側から溢れ出る光の強さが気に入っています。




この城崎、天橋立の旅で私は今まで大切にしていたものを失いました。
そして自分が昔からずっと心の奥底で大切にしたいと思っていたものを思い出しました。




私はいつも色んなことを忘れて生きています。よかったことも、悪かったことも、そこに区別はありません。ただただ忘れてしまうのです。そしてそれが限界まで行き着いた時、何より大切にしているものを失いかけて、愕然として、初めて気づきます。
必死にかき集めてきたものが、
実は本当に自分が求めていたものではないということに。




昨日の男性のゲストからの言葉にハッとしました。






【夢はありますか?】








そう、いつだって夢を見てきた。
ここにくるまでに、
どんな時も夢を見てきた。
【そろそろ落ち着けば】という言葉がたまに聞こえてきたけど、
私にとって夢は見るものではなく
共に生きるものだった。






ここ最近は目先のことにとらわれすぎて
本来の持ち味である【夢見がち】なところがなりを潜めてしまっていたんだ。





小手先のテクニックで、知識で、駆け引きで
ズル賢く生きてやろうとしてたのかもしれない。
もっと要領よく、上手く生きようと思った結果だったけど、それはどんどん自分の魅力を削っていったように思います。









沢山のものを手にすればするほど
人はその喪失を恐れて身動きが取れなくなる。



でもそもそも、手に入れたように見えているだけで、本当は何も自分のものになんてならない。





お金も、地位も、何もかも。
わかりやすくするために名前の周りにアレコレくっついてくるけど、
それがいっとき例えなくなったとしても、
その人はその無くなったものを
いつだってまた手にすることが出来るはず。





誤解を恐れずにいうと、
私は大きな会社で店長になるのが夢だったのではなく、そのポジションの仕事もまっとう出来るくらい、自分のキャパシティを広げたかった。
自分の可能性に夢を見て今の会社に入ったのです。


なので、こんなワガママ気ままな私に実際に店長というポジションを与えてくれ、成長させてくれた会社にとても感謝しています。





そんなことを考えさせてくれるキッカケになった旅でした。


実は今月も12〜14日で一人旅をします。
場所はやっと決定しました。
景色のいい場所なので、自分をしっかり解放しようと思います。





夢を思い出してきますね。


仁美
こんにちは、仁美です。

10月も後半。
2018年も残すところ2ヶ月半です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?



今日は私の最近の日課をお話しします。
朝、とある講演家のYouTubeを必ず1〜3本観て出勤しています。
その講演家というのは
鴨頭嘉人(かもがしらよしひと)さん。



19歳でマクドナルドにアルバイト入社し、
23歳で正社員として入社。
30歳で店長に就任。
32歳でマクドナルド3300店舗中、
お客様満足度、従業員満足度、セールス伸び率すべてにおいて日本一を獲得。
その後も最優秀店長、最優秀コンサルタント、アメリカプレジデントアワード、など国内外の表彰も全て受賞。
という経歴の持ち主です。
すごすぎるでしょ?笑





私が鴨頭さんを知ったのはYouTube。
自己啓発系のチャンネルや
学び系のチャンネルをよく見るので、
自然とそのジャンルの動画が流れてきます。
初めは何気なく観たのですが、
これがとても良かったのです。




現在は「話し方の学校」を設立し、
コミュニケーションスキルを学べる場所を提供したり、「かも出版」という出版社、「プロ講師の学校」なども設立されています。



何がいいかというと、
お話されている範囲がとても広い。




成功方法はもちろんですが、
楽しく生きるために
どういうことを大切するかとか、
これからの日本で生きていくためにはとか、
人間関係を良好にするにはとか、
地に足のついた内容でお話も面白い。



動画も1本が10分程度のものもあるので、
パッと観れるというところがいいです。
興味がある方は是非観てください。

マクドナルドに入ってからは
輝かしい経歴の持ち主ですが、
幼少期はツライ時期もあったようです。
転校続きで友達が出来なかったり、
とても才能のあるお兄さんにいつもいつも比べられたり、、、
人と話せない時期もあったそうです。




そんな苦しい過去があった人が
今は講演家として、人の前で自分の意見を堂々と言えて、それで生きているってすごいですよね。
なぜ今の鴨頭さんがあるのかも、
YouTubeにはあがっています。




先日観た動画ではこのようなことを仰っていました。




地球を変えることは出来ないけどね、
世界を変えることは出来るよ。

「世界」は75億あるから
全部は一度に変えれなくても、
少しずつ変えていけるよね。


めちゃくちゃかっこいいですよね。笑

確かにそうだなーと思って聴いていました。
私も1つの世界だし、
隣にいる人も1つの世界。
自分が変わったら、隣にいる人も変わる。
それを増やしていけたら周りの世界は変わりますよね。


いやー、かっこいい。

私は
「大人こそ、夢とか希望とか語ったほうがいい」
と思ってます。


日本では20歳くらいで親の保護から離れて
自分でお金稼ぎながら
社会の仕組みを知ります。

社会で痛い目見ながら、
たまに喜びも見つけながら
色々な経験をしていきます。

その中で大切な人を見つけたり、
自分にはこれは違うなってことも知ったり。


そうしていくと大体【自分はこう】みたいな
型のようなものが出来てきて、
日々の選択が現実的になります。
毎日忙しくて、目の前に転がってくることだけを処理して過ごしていく。
でも、ほとんどの人がそれに気づかない。



そんな毎日が良い人もいると思います。
それはそれでいい。
世界は人の数だけ違うほうが面白いから。




ですが、個人的には
もう少しアレンジして生きたいですね。
そのためには大人こそ、夢とか希望とか語ったほうがいい。




【自分はこう】みたいな
型のようなものの中で、過去の実績ベースに出来る出来ないや、やるやらないを決めたくないなあ。



鴨頭さんに話を戻すと、
辛い幼少期の型のままでいけば、
大人しい地味な大人になったかもしれない。
人前に出るなんて
とんでもなかったかもしれない。


でも、その過去を切り離して、
マクドナルドで頑張って、
講演家として飲食から畑違いのジャンルで独立した時も、
講演一回もしてないし仕事無いのに、
「炎の講演家です!」って言って回って。



今なんて鴨頭さんを1回呼ぶのに100万円ですよ。笑

世界を変えられたんでしょうね。
まずは自分の。




鴨頭さんもきっと
色んな人に会って、色んなものを勉強して
自分の中で試して、失敗もして、怒られて、
うまくいって、を繰り返して今も続けていらっしゃる。それは動画でわかります。


鴨頭さんがめちゃくちゃ特別なわけではないんじゃないか、自分にも出来るんじゃないかって思わせてくれるんですよね。


あの人もできたんだから、
自分もできる。







自分の夢や希望を語って、また別の誰かに




あの人いい大人やのにカッコイイ!!




って言われるようになりたいですねえ。
では、また。



ご無沙汰しています、仁美です。
ご近所さんをサイクリングがてら
写真の練習をしてきました。

こんな便利なものを手に入れて
ものすごくテンション上がりました。


一眼レフで撮ったものを
その場ですぐにiPhoneやiPadに取り込めるカードリーダーです。
欲しかったんですよ〜、、、
私のカメラにはwifiがないので、いちいちPCに取り込まなければネットにアップできませんでしたが、これで大丈夫になりました^^

上の写真も実験で撮ってみて、
取り込んだだけの加工なし写真です。




さて、いよいよ9月もわずかとなり
2018年も予想通りあっという間に終わろうとしています。
来月、再来月は連休があります。
そして、12月は一年で1番忙しい月となります。やり残しのないように毎日を過ごしたいもです。


こないだの金曜日は専門学校時代の友人とランチに行ってまいりました。




近鉄布施駅ですw
今は3人兄弟の母となり、
自宅内店舗でアイラッシュサロンをしている彼女。
私のお店にもお友達をご紹介頂き、とてもお世話になっています。
実は専門時代は遊んだこともなかったし、
同じグループでもなかったのですが、卒業後に繋がっているものすごく貴重な友人です。


私は子供がいながら働いているママをとても尊敬しているのですが、
その中でも彼女は3兄弟の母。
3兄弟って、、すごくないですか?w
いやもう動物園としか思えない。
私には到底無理な仕事と家庭の両立をされている彼女。
久しぶりのお話はとても勉強になる時間でした。



今回、「使っていいで!w」と了承を得て
今後使わせてもらおうと思った言葉を紹介したいと思います。




【ま、そういう世界にすんねんけどな】



意味わかりますか?w
誰かとお話ししている時に
あれがしたい、これがしたい、、、という話になりますよね。
何かしらの理由でできないこともありますよね。そういう時にポジティブに使える言葉です。



使い方としては、
「◯◯やからできへんねんなー、、、
でもま、できる世界にこれからするねんけどな!!」
という感じ。
これにはもうひとつポイントがあって、
めちゃくちゃ偉そうに言う、です。w




これを使うとネガティブな感情が
一気にポジティブに変わるし、
自分にその力がある気がしてきます。
そして聞いてる方も面白いですw




この「自分が世界を創っていく」感も
私はとても気に入っていて、
自分自身のモットーが
【見たいと思う世界の変化に
あなた自身がなりなさい】
なので、【世界】というフレーズがリンクしているのもいい。



そしてたまたま先日、
私が尊敬する講演家の鴨頭嘉仁さんのYouTubeを見ていて
【地球はひとつしかないですよ。
でも世界は75億個ありますからね。】
という言葉を聞いて感動していたところでした。
鴨頭さんが話されていたのは
人間一人一人にその人の世界がある、というお話。



全世界、地球丸ごと一個変えるのは無理かもしれないけれど、
自分の世界は変えれるし、周りにいる仲がいい人の世界もちょっとは変えれるかもしれない。
と素直に思えたんですよね。



そう、世界を変えたい。
もうこの「世界」って言葉が
私のところにこれだけ集まってきたのだから
これはあれでそれでそういうことなのだと
勝手に決めました。

うちのjrスタイリストのスタッフからも
ついさっきこんなの送られてきたしw

私が変えるらしいw


こうなってきたらもう、やるしかないですよねえ。
私も何が出来るのかわかりませんけど、
とにかくやろうとしてることはやろうと思います。




久しぶりの友人と楽しいランチの時間が持てて、とても嬉しかったです。





では、世界を変える仁美でしたw
こんにちは、仁美です。


やっとポートレートを撮らせてもらい
ました。
約3年ぶりくらいに会う小中学時代のお友達のお子様達。


天気はあいにくの曇り空でしたが、
それをいかに綺麗に撮るか、
というところでとても勉強になりました。
この日からちょうど一週間ですが
ずっと曇り空でなかなかお天気に恵まれずカメラの実践は出来ていません。


ですが、私のインスタにはこの時の写真が少しずつアップされています。




以前ブログに書きましたが
ここ最近は特に色んなことに興味があり過ぎて、エネルギーが分散している感があります。


【戦略とは何をするかではなくて、何をやらないか決めることである】


スティーブ・ジョブズの言葉を知ってから私も今月はこれを頭に置いて、
やろうと思っていることの仕分けをしていきます。



何をしたいか?

を自分に投げかけると、とめどなく出てきて常に時間が足りません。笑

何をやらないか?

を投げかけると自分の中で優先順位つけるという作業が始まります。
そして空いた時間に厳選したやりたいことを集中してやる。
または休む。笑



結局、休むことも仕事も遊びも
自分のタイムマネジメントの問題なんだなってようやく気づきました。笑



休みも遊びもしっかり入れないと
気持ちよく仕事が出来ないし、
しっかり学ばないと
人間性は高めてはいけない。


人間性は常に高めるように意識はしたいですね。




私は今幸いなことに
素晴らしい人間関係に恵まれていて、
思ったことを素直に言える関係の人達が周りにいてくれるので、とても幸せです。

そして仕事でもプライベートでも
こういう関係性の輪が広がって、
楽しく生きれたらいいなと思っています。



そのためにもやっぱり
自分の人間性や物の見方、考え方なんかは引き出しを増やしておきたい。



自分の価値観や考え方、生き方についてしっかり考えておかないと
魅力的な人間関係は作れないと思っています。




今日はお休みなんですが
朝から全身脱毛と皮膚科に行き
このブログ書いて、今からジム。笑
そして夜は後輩とご飯に。笑



かなり遊んでいるでしょう。笑
いいんです、これは必要なので。笑




では、また。^_^
おはようございます、仁美です。

昨日の台風は皆様ご無事でしたでしょうか?
うちのお店は大阪方面のスタッフは早々に帰宅してもらい、12時半には完全閉店しました。
私は徒歩15分の距離に住んでいますが、風が強かったので念のため水を買ってバスで帰宅。



自宅でおとなしく読書をしたり
YouTubeで新たなインプットの時間を過ごしていました。
たまに外の荒ぶり様に恐れ慄きながら、、、涙





大阪方面はかなり建物なども被害が出ているようです。
知り合いのお宅も停電と水がストップしていて、冷蔵庫の中身が、、、
ということをLINEでやりとりしました。
本当に天災は恐ろしいですね。。。




さて、本題です。
この想定外の空白の時間をどう使うか。。。
どう有効的に使おうかと帰り道に考えました。
基本的に休みの日も予定を入れてしまう私です。自宅に引きこもるのはぶっ倒れた時だけ。





ためになるインプットをしたいとは思っていましたが、何をインプットするべきか、、
もっとも有効活用するにはどうしたらいいのか、、、




とりあえず、テレビの代わりに
(うちのテレビは撤収されています)
YouTubeでカメラの使い方を見ながらちらし寿司を食べよう。
金曜日にはカメラの練習で
友人のお子様の写真を撮らせていただく予定をしています。
そのためのカメラの使い方の予習です。



その後、環境を整えるのに掃除機をかけました。




そして読みかけていた書籍を
何種類か読みました。
途中で寝落ちしながら。。。。笑







不意に訪れた
想定外の空き時間半日を過ごしてみての結論。







やりたいことが多すぎて
優先順位が明確でない。







なるほどな。
私の弱点はこれだな。




【選択と集中】があまい。





好奇心旺盛でフットワークは軽い。
向上心もあるし、追求心もある。

でも反面、色んなものに手を出しすぎてエネルギーが分散している。
優先順位を明確にしていないから
追求が甘くなり中途半端になる。





これがこの不意に得た時間で
私が気づいたこと。




スティーブ・ジョブズやドラッカーの言葉の中にもあったのです。


【戦略とは、何をするかではなくて、何をやらないかを決めることである】





自分が持っている時間は24時間。
これは人間全員が同じ。

今よりもより良くしたい、と思うと
【何かをプラスすること】
を考えてしまうのですが、
それは意外にもかなり楽天的というか、
とても安易な発想です。
むしろ、今やっている中の何かをやめることの方がなかなかストイック。
何をするのか、しないのか、自分で選ばなければいけません。



どう考えても24時間しか無い中で
何かをプラスプラスプラス、、、
していくと、
自分の本当に望む結果が手に入る前に
寝不足か過労で倒れますよね。笑






今日はこの気づきを得れただけでも良かったな。
ほんと何かにつけて遠回りするというか
頭打ってからしか気づかない自分が
とことん要領悪いなあーって思います。
でも、それも自分だから受け入れて
今日の気づきを活かせれたらいいよね。



さて、今から何をしないかを決定していきます!


ではまた。










こんにちは、仁美です。

9月がスタートして2018年ももうちょっと。
私は10月26〜29日、11月12〜14日と2回連休を取っていますし、
12月は1年で最も忙しい月になるので、いつものペースの月は実質この9月で終わりかな。



今年のテーマは【変革】です。
前にも書きましたが、色々と見えない部分での変革が起きています。
来年にはもう少し具現化できる予定です。




その中の1つがカメラです。
昨日は営業後に近所で実験をしました。








私が撮った写真です。
今カメラの使い方を勉強していて、今回は真っ暗な中でどんな風に面白く撮れるかを実験しました。


こちら2枚は同じ条件下の写真↓

ちょっと設定を変えるだけで
夜をこんな風に変えてしまえるって
おもしろいでしょ?
ストロボを焚くともっと面白くなるみたいですが、まず初日はここまでにしました。
実験を続けていくことを第一に考えています。




【パレートの法則】をご存知でしょうか?
【80:20の法則】とも言われていて、
「売上げの8割は全顧客の2割が生み出している」という経済事象を解説するために用いられている法則です。

人間の行動、心理を解説するときにも用いられます。


何か「こうした方が良い」ということを100人に話したとして、「すぐに行動する人」は20人、さらに「行動を継続する人」はたった4人しかいない、という内容です。



つまり100人中
80人は「何もしない」
16人は「行動はしてみる」
4人は「行動し、それを続ける」
だから「やり続ける人」が最後に全て手に入れる、ということです。

自己啓発臭ムンムンですいません。笑
しばらくお付き合い下さい。笑


確かに頭ではわかっていても、
実際、継続することは何よりも難しいですよね。
私も本当にそう思っています。



私もどうすれば続けることが出来るのかなって考えました。
で、導き出した答えは。。



【動機づけ】





なぜそれをやってみようと思ったのか
しっかり自分で自覚する。
そしてそれを忘れないようにすること。



私はなぜカメラをしようと思ったのか
自分の中での理由を明確にして、
理由を書いた紙を部屋に貼りました。笑


とにかく、習慣化するまで続けること。しんどくなったら、壁の紙を見つめて自分とお話しします。笑




なぜ【変革】にしたのかにも理由があるし、カメラを始めたのにも理由がある。どんなことにも、理由があるはず。



もし皆さんも2018年にやり残したことがあるなら、ぜひ理由を明確にしてやり残しが無いように一歩進んでみて下さい^^

そのお話を聞かせてもらえるととても嬉しいです。



これから実験写真をここに載せていくので、また見て下さいね。
(これは自分への負荷です。笑)




楽しみながら、やっていきます。


仁美でした^^
こんにちは、仁美です。



夏の終わりが近づいています。
皆さんどのようにお過ごしでしょうか。



私はカメラと画像処理の勉強を始めました。

昨日は営業後にスタイリスト部門の大会があり、カメラマン兼審査員を担当しました。
自分の中でも課題を決めて、皆んなの勇姿を一生懸命撮影しました。


来月は友人のお子さんの写真を撮らせてもらって、カメラの使い方を攻略しようと思っています。

とにかくカメラも実践!
撮る!撮る!撮る!!から始めます。
わからないことはgoogle先生に教えてもらいます笑





自分が大切にしていたことが
ふとした時に思っていたものと違うことに
気づく事があります。


これは大事だと大切に大切に守っていたのに
気がつくとそれは自分の
【大切にしたいという思い込み】の器だけを
ものすごく分厚く頑丈に作ってしまっていて
本当に大切にしていた中のものが
隙間から逃げていって
どこか別の場所に移っている。





自分が抱いていたのは
空の器だったということに気づく。
自分が大切にしていたかったのは
頑丈に作り上げた立派な空の器でなく
中にある、柔らかくて繊細なものだった。





何かを追いかけたいタイプの私には
追いかける物事を
明確にしたいというクセがあります。




でもその明確にした物事に
心がとらわれるが故に
沢山のことをこぼしてしまう。



それでは目指したものさえ
遠ざけてしまう。


抽象的な話ですいません。笑



大切なものを大切にしている気になるんじゃなくて、
本当に大切に出来る人になりたいと思っています。




本当に大切にするためには
自分と向き合うしかありません。
自分の弱さを認めるしかありません。







まだまだです。
では。
こんにちは、仁美です。

今20日月曜日の夜です。
今日は管理美容師の講習会に行って
3時間×午前午後=6時間の座学を受けてきました。


久しぶりにずーーーっと座っていて
背中と腰と首が物凄く疲れました。
デスクワークの方はいつもこんな感じなんでしょうね。
かなり尊敬します。。。。



さて、管理美容師の資格は
残り2回の講習で認定証を頂きます。


それとは別に実は
本格的にカメラとレタッチ(画像処理)の勉強を始めようと思っています。



型は古いですが、セミプロモデルの一眼レフを持っていて、
パソコンもMacなので
ずっと活用したい活用したいと思ってはいたのですが、なんだかんだ踏み切れず。


なんか、、だって、、難しそうでしょ?笑



でも、いつも心の何処かに
【あー、いじってみたいなー、、、】
という思いが居座っていて
消えることはなかったんですね。



昨年にもカメラマン育成所の説明会に参加して、(それは日程上都合が合わなかった)
今年も2回ほど「自分が撮影する」セミナーに副店長と参加して、
先月も社内で外部講師さんを招いて
「自分が撮影する」勉強会を開いてもらって、
ますます、いじってみたい思いが強くなってきて。





いや、正直どこまでのものになるかなんてわかんないんですよ。
カメラマンなんていっぱいいますし。




でも、やってみたい想いが
いつまでも消えないもんだから
これはやった方がいいんじゃないかな。




今年のテーマは「変革」ということで
実は色んなことが見えない部分で変わっているのですが、表面化するのはまだもう少し先かと思われます。




ここまでわざわざスマホを操作して
ブログを読みにきてくださっている方にはちょいちょいお伝えしていこうと思っています。





自分でスタイル作って
自分で写真撮って
自分で修正出来る人になりたい。

これ全部出来たらけっこう良いと思うんですよ。
特に女性では圧倒的に少ないキャラだと思うので。笑


自分で写真撮って、修正できたら
例えば他のスタッフが「撮影したい」って言った時もすぐに対応できますしね!



だからこのホームページにも
ギャラリー作ろうかなって思ってます!
でも、ヘアスタイルだけじゃ面白くないんで、、、笑
どんな写真が載るかはわかりません。笑


正直、
「自分で作って撮って調整する」って
確かに女性ではなかなか少ないし
奈良では片手くらいしかいないと思うんですね。
まずはそこで1番になろうかなと。
人と比べても仕方ないのですが、
何が言いたいかというと、
ふつうに「自分で作って撮って調整する」➕αを考えている、ということです。笑

ふつうに「自分で作って撮って調整する」も1番上手く出来るし、
それにプラスアルファも出来る。
これはもう奈良でNO,1でしょ。笑
なにが出来るかわかんないです。笑
想像で話進めているだけなのです。笑





でも、すっごくこういうのが楽しいんですよね。
自分で考えて、想像して、膨らませて。
やってみて、失敗して、イライラして、やり方探して、ちょっと出来る。


私はずーーーーっとこんな感じ。
そういう性質なんだとようやくハッキリと自覚してきました。


今も表面化していない内部での変革をして行っているのですが、
物凄く地道で、時間もコストもかかるし、汗垂らしながら動いています。



でも確実に数ヶ月前の自分とは
知識も経験も増えてる。
知らなかったこと知ってる。
道に迷うことが本当にほっとんどだけど、自分でしっかり駒を進めてる。






私にとってこれはものすごく
幸せな時間なんです。









こんなことがしたいな、
こういうことが知りたいな、
ここに行ってみたいな、
こういう人と話したいな、
こういう人になりたいな。


っていう想いに対して
どうやったらそれが実現するのか?
途方も無い道のりのことも
実はあるんですが、
それでもじっと出来ないし、
行動した先で出会う人や景色や物事は私しか知らない。


よく会話がおもしろい、というお言葉を頂きますが、その理由はこれしかないと思っています。


行動して、失敗して、それを自分のものにしてるから。
これはね、宝物だと思ってます。



私との距離が縮むほど
私がどれだけの間抜け具合かわかると思います。笑

車の天井に財布乗せたまま運転したこともあるし、
ガラガラの電車に上着を忘れて美容学校に登校したこともあります。




こないだはめちゃくちゃ大切にしていたサングラス無くしました。涙



ただの不注意ですが。






こんな私にしか出来ないやり方で
こんな私にしか見えない世界がある。




写真って、
それを見える形で視覚化できますよね。

そこもいいなって思ってます。




あー楽しくなってきたな。

では、また。


おはようございます、仁美です。



月曜日に副店長の山下と
息子のりっくんと燈花会に行ってきました。
そしてその前に今流行りのスウィーツかき氷も食べてきました。

なんかもうすごいですねw
こちらは奈良の【パティスリーカラク】さんです。

かき氷って、、、なんてちょっと甘く見ていましたが、
見た目が新しいのと実際美味しいのでビックリ!
私は左側の白いのを頼みましたが、
メレンゲとレアチーズとベリーソースの絶妙なハーモニーでした。



かき氷を甘く見ている人ほど食べて欲しいですw
駅からは離れているので車で行きましょう。裏に2台停めれますし、すぐ近くにパーキングもありますよ。




燈花会はとても美しかったです。


幸い涼しく、人は多いけど
公園が広いのでしんどくないですね。
まだ行かれたことが無い方は是非一度行って見てください。
実は燈花会は1年間楽しみに待っていたイベントでした!
昨年も行こうとしたのですが、まさかの大嵐で行けず、、、だったのです。
そして、実は今回初めて、
私が山下の浴衣の着付もさせてもらいました!!

素敵ですね。

先週の川床といい、
今回の燈花会といい、
今年は夏を満喫しています。
とても幸せです。



お盆は営業しております。
私は10月末に連休をとりますので、
9月にはまたお知らせしますね^^



皆さんはどんな夏をお過ごしですか?
また教えてくださいね^^



ではまた。
おはようございます、仁美です。


私の個人インスタをフォローして頂いている方はご存知だと思いますが、
先日、副店長の山下にお誕生日会をして頂きました!




京都のなんちゃら(!)というところに
川床料理に連れて行ってもらいました。

iPhoneで何気なく撮った写真ですが
凄まじく美しいですね。。。。


意外に涼しく、静かでとっても幸せなひと時を過ごさせて頂きました。
私と山下副店長は1歳違い。
彼女は年下なのですが、非常に頼り甲斐がある女性です。
頼ってしかいません。笑


こんな場所で言うのもなんですが、
私たちはとても仲が良いです。
そして、めちゃくちゃ喧嘩します。笑


仲良くいられるのには
実は秘訣があります。




お互いがお互いの
得意不得意や好き嫌いを
理解している。
相手の長所と短所を受け入れている。
そして、相手の人間性を尊重して、認めている。




これは意外と難しいことですよね。
簡単といえば簡単ですが。



私が苦手なことを副店長はカバーしてくれます。
そして副店長の苦手なことは私がカバーします。

それぞれの長所は
自分なりにアレンジして
取り入れるようにしています。


意見が食い違う時も
もちろんあります。
そう言う時は話し合いますし、
納得できなければしばらく時間をあけて理解するよう努めます。


人間の出会いってとても不思議で
尊いものですよね。
私は彼女のような自分と真反対の人に出会って、同じ場所で働けることをとても幸せに思います。



うちのサロンはなぜか
そういう感じで正反対の組み合わせ同期ペアが多い気がします。笑

今エーススタイリストの二人にしても、
次にJr.スタイリストになる二人にしても、
なんだか性質が真反対。


お互いに補い合っている感じがします。


きっとソウルメイトっていうんでしょう。



ご存知の通り、
私は運命論者なので(?)
ロマンチックな発想を堂々と披露したいと思います。
人間、生きてる間に出会う人の数なんて知れていると思うんですね。


芸能人でもない一般人が
一生に出会う人の数なんて決まっているし、
その中で会話を何度も交わす人はもっと少ないし、
本音で話せるような人なんてもっともっと少ないし、
大げんかしてでもコミュニケーションを図るなんて
一生のうちにほんの何人かしかいないと思うんです。




だからそういう人間関係は
本当に大切にしたいなと
心から思います。




うちのスタッフもそういう真反対の組み合わせがあったり、
10人以上もスタッフがいるので
いろんな個性がありますが
カバーしたりされたりしながら
少しずつお互いが成長して
【魅力的な人】になれたらいいなって思いますね。


それは私達先輩ポジションも同じです。
立場は関係ありません。
私たちが後輩に何か伝えることもあるし、逆に後輩たちのやり取りから
自分たちの振る舞いを振り返ったりすることもあります。


よく言われることですが
やはり自分の周りは自分の鏡なんでしょう。
心の何処かにそのことを留めて置きたいです。
いつもそばにいてくれる人達に
感謝しながら。。。



ではまた。