五所尾仁美

記事一覧(58)

人を活かす

こんにちは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。ずいぶん長い間ご無沙汰しておりました。3月に入り、年度末ということで自身の棚卸しをじっくりしていました。私は次の4月で入社4年目になります。ものごとを3年一区切りとして考えると、4年目は新しいスタートになると考えています。その前に、今一度振り返って考えてみたかったのです。今の私が私として生きることが出来ている理由は何か、そしてその今の私に与えられた役目はなんだろう?人間の素晴らしい能力でありまた、反面、憎らしい能力でもあることの1つに忘れるということがあります。ちなみに、私はこの能力に関してトップクラスを誇ります。笑丸3年前の私はまだ入社していなくて、数日間の束の間の春休みに神社巡りをしていました。出雲大社、明治神宮、伊勢神宮。たまたま、島根、東京、三重と行く先々にお友達がいて、その方々に会いに行くのも目的でした。この時の私のテーマはお世話になった皆さんへの【お礼参り】と新しく始まる新生活への意気込みを神様に宣言しに行く【挨拶回り】でした。最近ふと、気づいたんですね。3年前の想いを忘れかけているな。と。忘れる、は得意分野です。忘れる、はとても大切です。忘れないと生きていけないこともあります。でも、忘れてはいけないこともあります。私の軸にあること。実は3年前はつらい時期でもありました。そのつらい時期だからこそ気付けたことがあって、そこから導き出したこともありました。それは忘れたらダメなことです。それを思い出していました。私が3年前に考えていたこと、その時の目標は人を活かすことが出来る人というものです。ある本にこんなことが書いてありました。内容は覚えてる言葉ですので、一言一句同じではありません。世の中には沢山の【出来る】人がいます。自分で何かを決め、努力し、その目標を勝ち取る人がいます。ですが、反面、そういった人達は【出来る】経験を多く知っていて、その経験から自分が【出来る】人だと自己認識しています。自分の中での方程式を持っています。でも、世の中には【出来ない】経験が多く自分が【出来ない】人だと位置づけている人の方がけっこう多い、ということ。または気づいておらず、方程式を持っていないということ。そして【出来る】人は【出来ない】人の気持ちを理解【出来ない】ということが起こります。【出来る】人がどれだけ説明しても理解してもらえなくて相手が【出来ない】ままでイライラすることが日常あるのはこれもひとつの原因かと思います。話が逸れたので戻しますが、つまり、自分のことがある程度出来て、自分以外の人を活かすことが出来る人が最強だと思ったのです。そして、そういう人になりたい、と考えていたのです。3年前の私。なかなかええ事言うとるぞ、と。笑あの時の猛烈に感じた想いの強さは忙しい日常の中に埋没していって頭の中で言葉として残ってはいても、当日の【猛烈】からは遠ざかっていたと反省をしました。もう明後日からはピッチピチの社会人一年生が入ってきてくれます。今一度、襟を正して自分のすべき事をきちんとしていこうと思う私です。仁美でした。

意識的に変化を起こす

こんばんは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。昨日もジムで約2時間のワークアウト。有酸素→筋トレ→有酸素の順で行い、夜はほぼタンパク質中心で軽く済ませました。体が動くようになるとフットワークが軽くなりますね。もともとフットワークが軽い方だとは思いますが、実は決断力が弱いところがあるんです。でも体を鍛えることを意識して、実際、少しずつですが体に変化が出てくると、気持ちが強気になります。今、私の中での《変わりたい》がものすごい勢いで成長しています。実は未来へのヴィジョンも確実に変化をしてきています。今年の初めには考えてなかったことを今は前向きに真剣に考え出しているのです。私が今とても興味を持っていて未来へ繋げようとしていることというのは自分で価値を創り出すこと。誰かのお世話になってではなく、自分がどこにも属さない状態でどのようにして世の中に貢献し価値を創り出すことができるのか。え?美容師は?って思いますよね。そう、美容師は素晴らしい職業。だからそれをすぱっと手放したりするつもりはないし、働きたくないとかそういうものでは決してないです。ただ1度の人生を《美容のみ一筋》に決め込む必要はないと思っていて、もっと柔軟な視点で世の中にとって価値のあることを創り出したいなって思っています。美容の世界で15年もやってきたから言えることでもありますね。自分なりに一生懸命、色々なものを費やしてきたつもりです。私としては、せっかくこの世に生まれてきたのでこの与えられた命をしっかり使いきりたいという思いがあります。今の自分に何が出来るのか。自分が楽しんで、人のためになって、世の中のためになること。美容師はその手段の一つであって、他にもそんな手段を身に付けたいなと思っています。毎日毎日忙しいですよね。昨日と今日の区別がつかなくなることもあるし、同じようなルーティンの生活をしていて月に数日の休みのささやかな幸せのために決められた枠組みの中で生活をしている。なんのために生まれてきたんだろうって思いませんか?意識的に全て受け入れて今の生活を過ごしているのならそれはとても素晴らしいことだと思います。でもほとんどの人があまりそのことを考えない。ほとんどの人が【こんなもんだ】と思って毎日を重ねていく。私は【こんなもんでしょ】スタンスの生き方は絶対に嫌なんですね。生きてる感じがしないんです。なんか。どうせ死ぬんだったら誰かの心に刺さるか、何か事を成したいなーって思ってます。先日、私は副店長にこんな事を言われました。「何かモノを残すつもりはきっとないんですよね。誰かの心の中に残るようにしたいんですよね。」さすが・・・よう分かっとる・・・涙彼女に隠し事は全く出来ません。エスパーだと思ってます。私の面倒を見てくれる素晴らしいパートナーです。こんな人に出会えた事を心から感謝しています。実はこういった出会い、人との繋がりに関しても同じでほとんどの人が現在の環境、人間関係が全てだと思っています。ちょっと合わないなって思う人とも一緒に行動したり、思ってもないことに同調したりして人間関係を繋ぎ止めています。でも果たしてそこまでして繋げなければいけない繋がりなのでしょうか?確かに仕事の場面は人を選べないので、表面上穏やかに進めていく努力は必要です。一人になるから一緒にランチに行ったり寂しいから誰かの陰口で共通の話題を作ったりそれって何か自分にとっていいことですか?誰かの成長のためになりますか?自分の精神を犠牲にして繋げていくものでは無いのに実は意外にそういったことで悩んでいる方は多いですよね。自分にとってもよくないし、周りにとってもよくないからやめたほうがいいです。私もそう考えて約4年前、前の職場を退社しました。前の職場は個人サロンだったので個人サロンのネットワークがたくさんありました。そこを退社したことによって、面白い光景が見れたことも私にとってはとてもいい学びでした。フェイスブックの友達を外す人、美容師のセミナーで会っても挨拶もしない人。なぜ退社したかの経緯も知らないのに、その人達はその人達の基準で考えて、その行動をとっています。他人の基準に合わせて自分を卑下することは無いし、そもそもそんな態度を取るような性質の方とお付き合いしたいとも思わない。結果的に今はものすごくいい人間関係、そしていい職場に恵まれています。副店長もそうだし、可愛い後輩もそうだし、色んな面白い話を聞かせてくれる先輩もいます。最初、思い切って行動に出るときは不安でした。そんな鉄のハートな人間でもないので、笑それでもやはり、思い切って行動したことで空いたところには新しいものが入ってくることを実感したのです。これをご覧になっているあなたは今日はどんな気持ちで1日を過ごされましたか?毎日毎日同じように見えますよね。同じ一日にするのも、違う一日にするのも自分次第です。もしキッカケが欲しい方は金山さんのメルマガもそのキッカケになると思いますので下のリンクからとんで見てください。

考え方を変えていく

こんにちは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。今日は約10歳下の女の子スタッフ3名と副店長と私で京都までランチに行ってきました。普段サロンではあまり話さないようなこととか人生の色々な話とか、公の場では言えない話とか色々できてよかったなって思ってます。彼女たちは私と副店長とは10歳も違うのできっと感じ方も捉え方も違うだろうけど。もう少し大人になったらいつか今日という日を思い出して何か気づいたりしてくれたらいいなって淡い想いを抱いています。前回のお話の中で私はエザキさんからの言葉に大きな気づきを頂きました。自分の立ち位置が急に変わり、今まで見ていて、それがすべてで世界だと思っていたものが突然「すべて」ではなくなりました。《人は自分が見たいと思う現実しか見えない》これはローマの支配者であるシーザー・ユリウス・カエサルの言葉です。人間は自分の都合のいいようにこの世界を見る傾向があるということです。私はきっとそのように自分の都合のいいように思い込んで今自分の置かれている環境が世界の全てだと自分の中で位置付けてきたんだろうなと気づきました。自分が一生懸命やっていることもそこに費やしている他のことも含めて無意識に当時の職場、そこで生活する全てが「世界」だと思っていたのです。ですが、例えば今回のようにどれだけもがいてももがいても自分で考えうる限りの全てを尽くしてもどうしても報われない世界に生きていたとしたら、あなたはどうしますか?まだ努力が足りない、と努力を続けますか?さっさと別の行動に移りますか?何をキッカケに自分の心の方向性を決めますか?エザキさんの言葉に気づきを得て、まず私自身の思考に変化が出ました。私は別の行動に移る決意をしたんです。私は本も読みますし、ブログも読みますし、メルマガも読みます。実際に人にも会いに行きます。名言集を見るのも好きです。人の考え方に触れて、自分の中に取り入れることが好きなのです。この当時、私の思考をエザキさんのくれたきっかけからさらにパラダイムシフトするのを助けてくれたのはとあるメルマガでした。初めは正直あんまり真剣に読んでいませんでした。しょせん、メルマガ。会ったこともない、見たこともない人。何をしている人なのかもよくわからない。ただ、当時の私は《新しい物の見方》を渇望していたので、スポンジ状態。自分にとって少しでも面白そうであれば、興味本位で読んでいたのです。そんな時にこんな文章が目に留まりました《自分の未来にとって適切な環境適切なコミュニティに身を置くことで自分で思っている以上の力を発揮できる》適切な環境、、、適切なコミュニティ、、、そのメルマガによって、自分自身への新たな問いかけが始まったのです。自分の思いを明確にしなければ《適切な環境》も《適切なコミュニティ》もわかりませんよね。私は実際に人と会ったりする「行動」をしつつ、このメルマガで頭の中を整理し始めました。まさにびっくりするくらい勉強をし始めました。