五所尾仁美

記事一覧(62)

パズルの1ピースをその手に

こんにちは、仁美です。今週は雨だそうです。今このブログを書いている間もものすごい風と雨です。台風の影響ですね。激しい雨は実は結構好きです。怖いといえば怖いのですが、こうやって静かな家の中と外の激しさとのコントラストが嫌いではない。頭の中が逆に落ち着いてきます。先日、うちのスタッフが自発的にインスタのアカウントを作成して、自分たちでこのアカウントを育てよう!!という企画のもと、今写真をアップしていっています。個人のアカウントはもちろんあったのですが、お店の名前で、自分たちが主導となってアカウントを作成し、フォロワーを増やし、お店のことを知ってもらおう、と思って行動してくれたのです。びっくりしたし、とっても感動しました。自分たちで写真撮影の日を決めて、それぞれの自己紹介のための写真をとり、アップしていってくれてます。なんて素晴らしいことなんでしょう!!!!!ただ、問題が、、、、4人で管理しているのですが、女子3名の審査が厳しすぎて男子1名の投稿が削除されるという、、、笑私も責任者として、一応見とかないといけないかな?とも思いましたが、全然大丈夫そうです。むしろ私より断然厳しそう。笑これからの展開に期待しています。先日紹介した本にもありました。どんなことでも、まずは【行動】【行動】からすべてが始まります。行動をすると、かならず何かしらの結果が出ます。それは「成功」とか「失敗」とか分類するものではなく、お借りした本で言うところの「パズルの1ピース」が手に入るということです。あくまで、行動した結果手にしたパズルの1ピースであって、将来完成した絵を見たときに初めて「ああ、この部分を埋めるためのものだったのか」とわかるもの。今回うちのスタッフも、自ら行動を起こしたことでパズルの1ピースを手にしました。これからこのインスタをどんなふうに育てていくのかも見ものですが、今後どんなことにでも自らの意志で行動し、沢山のパズルのピースを手に入れて、ステキな絵を完成させてくれたらいいなと思います。では。

グレイテストゴショーマン?

こんにちは、仁美です。今回このトップ画を飾るのはお客様であり【喫茶イレブン】のマスターである天白氏からの課題図書パート2です。天白氏とは私が前のサロンを退社する直前に知り合い、同い年でなんかちょっと誕生日も近いし、ちょっとお互い世間に馴染めないという割とデリケートな共通点が多いので?仲良くして頂いています。笑前回お借りした本も数日で2回読み、レポートパッドにメモまで取りました。今の【賢者の書】はまだ1回目の途中ですが、2回目も読むと思います。もともと本は割と読みます。私は読書ってある種の洗脳だと思っています。そう思って受け入れています。洗脳というと、ちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、基本的に人間は何かしらの考えに洗脳されているものだと思います。親。上司。学校。世間。日本。別の国に行けば別の国のベーシックがあるので、みんな各々の環境で洗脳されていると言えます。なので、今回の本ももちろんそうですが、自らわかっていて洗脳されに行っているし、誰に洗脳されるかを選んでされにいっています。笑お借りした2冊とも喜多川泰さんという方の本ですが、とても読みやすいですよ。自己啓発系ですが、体育会系ではないです。「熱く生きるぜ!!!」ではない。自分と対話する感じかな。30代くらいの方には特にお勧めだと思います。さて、昨日から下半期が始まりました。皆さんはどんなリスタートをきりますか?私は今年からジムに通いだして、半年になります。残念ながらやはりほっそりよりはガッチリしてる感が否めませんが、笑続いているので、体力はついてきましたね。10分走り続ける事も出来るようになりました。初めは5分でダメでしたが、、、苦笑私が体を鍛えるのは、引き締まってスリムになりたいから、というより実は「いつでも動ける体でいたいから」です。ご存知の方も多いかと思いますが、私の取り柄はフットワークの軽さ、行動力だと思っています。気になったらどこにでも行きます。先週の金曜日も北葛城郡のナナツモリカフェに行きました。電車乗り間違えたので、途中からタクシーで。笑フットワークを軽くして、どこへでも歩いていくには、体が動かないと億劫になるのです。つまり、体を鍛えて体力をつけている、ということは、私はもっと動ける、ということです。笑もっともっと動く気でいる。そして最近聴いている音楽は映画【グレイテストショーマン】の【ミリオンドリームス】がお気に入り。They can say, they can say it all sounds crazy僕は狂ってるって、みんな言うかもしれないThey can say, they can say I've lost my mind正気を失ったと、みんな思うかもしれないI don't care, I don't care, so call me crazyでも僕は気にしないよ、狂ってるとでも言ってくれWe can live in a world that we design僕たちが創り上げた世界に住めるんだから   'Cause every night I lie in bed毎晩ベッドに入るとThe brightest colors fill my head鮮やかな色彩で頭の中がいっぱいになるA million dreams are keeping me awake無数の夢で目がさめちゃうんだI think of what the world could beA vision of the one I see僕が描いた世界は実現すると思うA million dreams is all it's gonna take無数の夢は叶えるためにあるからA million dreams for the world we're gonna make無数の夢は世界を創るためにあるから最高です。体が軽くて、こういう曲で心も軽くなると無敵の領域に入ります。笑不可能がない気がしてくるんですね。そこに天白氏からの課題図書、となると、もう気持ち的には向かうところ敵なしです。気は小さいんですけど。実は今日で34歳になりました。お祝いしてほしくて書いたのではなくて、自分の振り返りの日という事でこのような内容のブログになったという。お祝いしてくれるともちろん喜びます。尻尾ちぎれるくらいに。自分は自分のなりたかった人になれているのかなーって。肩書きとか世間のうんぬんではなく、一人の人間として、自分が納得できる人に近づけているのかなーって。自分が昔描いた理想の自分。自分が描いた理想の世界。なんかちょっと立ち止まって考えたかったんですよね。きっとこれからもこういう生き方を選んでいくと思うだろうから。人が決めた基準ではなく、自分が感じてそれがはたして認めれるものなのか。腹をくくり直したかったというか。【グレイテストショーマン】観てください。曲が全部素晴らしいので!男性俳優さん二人での掛け合いの曲もめちゃくちゃかっこいいです!(名前わからんのかい)では、また。

無意識を習慣化させて無敵になる

随分と長くお暇を頂いておりましたね。こんにちは、仁美です。つい1週間ほど前、数年ぶりにブリーチをしました。金髪です。20代は半分くらいブリーチで過ごしていた様な気がします。なので久しぶりのカムバック!30過ぎてブリーチをするとは思っていませんでした。なんかこう、、落ち着かないといけないような気がして?笑私のことをよくご存知の方は何言ってんの?今更。と、とてもあっさりと言い放ってくれる気がしてなりません。その言葉の中から、愛情をしっかり感じる私です。昨年11月にロングからショートになり、さらにショートになり、ついにのブリーチです。3回ね。そろそろ本調子を取り戻しつつあります。笑私の人生の中で【落ち着く時間】なんてないような気がします。休む時間はあります。それはもう、休むべきだなって思っています。でも、実際はその【休憩】というのは次の行動へ移るための準備期間。誰にとってもそうですよね。休憩しないと壊れちゃう。積極的に【間】をとって、そして、進む。気持ちや体をだましだまし使っていては、かならずそのうちダメになります。私にはやりたいことがめちゃくちゃあるので、倒れてい場合ではないのです。だから休む。休むぜ!!!実際、6月から休みを2日増やしました。ほぼ金曜日が休みになります。もちろんのことながら、じっとなんてしていませんよ。今年の目標は【変革】弾みをつけるためにもブリーチをしたのです。自分の自己満ですけどね。自己満で十分です。中学生の頃から、人生について考えていました。自分は何のために生まれてきたのか。生きてる理由があるのか。人はなぜ死ぬのか。それはまあ、なんとも思春期120%の思考です。そしてそれが幸運なことに、今も続いているんです。笑久しぶりの投稿ですが、ただの呟きです。軽く読み流してください。今日スタッフに問いました。何のためにレッスンするのか?早くスタイリストになるため。うまくなるため。技術のクオリティーを上げるため。ゲストに満足してもらうため。そうですね。確かに。でももう少し先まで見て欲しい。もう一段階掘り下げる思考。上手になるまでレッスンして身につけた技術でヘアスタイルを作って、それによって、自分の目の前にいる人を幸せにするために、そういう人を増やすために、また技術のレッスンするんです。変わったデザインや凝ったことを最重要視するなら、コンテストでやればいいと思います。それを求められるゲストには、それをご提供すればいい。なんかこう、もっと突っ込んで、深く考える習慣って若ければ若いほど、必要なんじゃないかなあ。習慣になると強いですからね。習慣って作れるんですよ。最初は大変ですが慣れると簡単になります。無意識レベルのことを習慣化できたら無敵だなーって思います。あれ。また思春期っぽい発言しましたね。どうもすいません。。。久しぶりに書くとこんな感じになりますね。あくまで、読み流してください。笑では、また!

未来への助走

こんにちは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。長い長いながーーーーい間大変ご無沙汰していますが、私は元気です。もちろんのことながら、思うところがあり沈黙しております。実際のところは沈黙というより表現する場所を少し変えました。今月5月でついに店長スタートからまる1年となりました。1歳です!なんだかんだで、、、色々ありましたね、、、スタッフとすれ違ったこともありました。自分の言葉が足りていなくて、伝わらないこともありました。そうだな、、ここに入る前の4年前に比べたら、随分と「人間らしく」なったなあと思っています。約4年前はダーザンみたいなもんでしたから。自分のことしか見えてなかったし、誰かと何かを協力してやっていく、ということも出来なかったな。一生懸命には生きていました。自分なりに努力もするし、行動も起こすし、時間もお金も費やせるタイプではありました。でもそれはあくまで、「100%自分」の想いの中でのことだったように思います。言葉で表すことはとても難しいですが、、、人間はやはり「人の間」と書いて人間。人と人との間で学び、成長し、変化していくことがとても大切なんだと今はよくわかります。今年のテーマは、変革。現時点ではあまり詳しくは言わないでおきますが、私のマインドの部分ではドンドン色んなものが変化していっています。我ながら、本当にひとところに留まれない性質だな。ある程度の同じやり方を通すと、不意に一気になにもかも違うやり方をしてしまいたくなる。一種の病気かもしれません。。。笑今日はとりとめのないことを書きました。またちょいちょい更新していきますのでよろしくお願いします!仁美でした。

人を活かす

こんにちは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。ずいぶん長い間ご無沙汰しておりました。3月に入り、年度末ということで自身の棚卸しをじっくりしていました。私は次の4月で入社4年目になります。ものごとを3年一区切りとして考えると、4年目は新しいスタートになると考えています。その前に、今一度振り返って考えてみたかったのです。今の私が私として生きることが出来ている理由は何か、そしてその今の私に与えられた役目はなんだろう?人間の素晴らしい能力でありまた、反面、憎らしい能力でもあることの1つに忘れるということがあります。ちなみに、私はこの能力に関してトップクラスを誇ります。笑丸3年前の私はまだ入社していなくて、数日間の束の間の春休みに神社巡りをしていました。出雲大社、明治神宮、伊勢神宮。たまたま、島根、東京、三重と行く先々にお友達がいて、その方々に会いに行くのも目的でした。この時の私のテーマはお世話になった皆さんへの【お礼参り】と新しく始まる新生活への意気込みを神様に宣言しに行く【挨拶回り】でした。最近ふと、気づいたんですね。3年前の想いを忘れかけているな。と。忘れる、は得意分野です。忘れる、はとても大切です。忘れないと生きていけないこともあります。でも、忘れてはいけないこともあります。私の軸にあること。実は3年前はつらい時期でもありました。そのつらい時期だからこそ気付けたことがあって、そこから導き出したこともありました。それは忘れたらダメなことです。それを思い出していました。私が3年前に考えていたこと、その時の目標は人を活かすことが出来る人というものです。ある本にこんなことが書いてありました。内容は覚えてる言葉ですので、一言一句同じではありません。世の中には沢山の【出来る】人がいます。自分で何かを決め、努力し、その目標を勝ち取る人がいます。ですが、反面、そういった人達は【出来る】経験を多く知っていて、その経験から自分が【出来る】人だと自己認識しています。自分の中での方程式を持っています。でも、世の中には【出来ない】経験が多く自分が【出来ない】人だと位置づけている人の方がけっこう多い、ということ。または気づいておらず、方程式を持っていないということ。そして【出来る】人は【出来ない】人の気持ちを理解【出来ない】ということが起こります。【出来る】人がどれだけ説明しても理解してもらえなくて相手が【出来ない】ままでイライラすることが日常あるのはこれもひとつの原因かと思います。話が逸れたので戻しますが、つまり、自分のことがある程度出来て、自分以外の人を活かすことが出来る人が最強だと思ったのです。そして、そういう人になりたい、と考えていたのです。3年前の私。なかなかええ事言うとるぞ、と。笑あの時の猛烈に感じた想いの強さは忙しい日常の中に埋没していって頭の中で言葉として残ってはいても、当日の【猛烈】からは遠ざかっていたと反省をしました。もう明後日からはピッチピチの社会人一年生が入ってきてくれます。今一度、襟を正して自分のすべき事をきちんとしていこうと思う私です。仁美でした。

意識的に変化を起こす

こんばんは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。昨日もジムで約2時間のワークアウト。有酸素→筋トレ→有酸素の順で行い、夜はほぼタンパク質中心で軽く済ませました。体が動くようになるとフットワークが軽くなりますね。もともとフットワークが軽い方だとは思いますが、実は決断力が弱いところがあるんです。でも体を鍛えることを意識して、実際、少しずつですが体に変化が出てくると、気持ちが強気になります。今、私の中での《変わりたい》がものすごい勢いで成長しています。実は未来へのヴィジョンも確実に変化をしてきています。今年の初めには考えてなかったことを今は前向きに真剣に考え出しているのです。私が今とても興味を持っていて未来へ繋げようとしていることというのは自分で価値を創り出すこと。誰かのお世話になってではなく、自分がどこにも属さない状態でどのようにして世の中に貢献し価値を創り出すことができるのか。え?美容師は?って思いますよね。そう、美容師は素晴らしい職業。だからそれをすぱっと手放したりするつもりはないし、働きたくないとかそういうものでは決してないです。ただ1度の人生を《美容のみ一筋》に決め込む必要はないと思っていて、もっと柔軟な視点で世の中にとって価値のあることを創り出したいなって思っています。美容の世界で15年もやってきたから言えることでもありますね。自分なりに一生懸命、色々なものを費やしてきたつもりです。私としては、せっかくこの世に生まれてきたのでこの与えられた命をしっかり使いきりたいという思いがあります。今の自分に何が出来るのか。自分が楽しんで、人のためになって、世の中のためになること。美容師はその手段の一つであって、他にもそんな手段を身に付けたいなと思っています。毎日毎日忙しいですよね。昨日と今日の区別がつかなくなることもあるし、同じようなルーティンの生活をしていて月に数日の休みのささやかな幸せのために決められた枠組みの中で生活をしている。なんのために生まれてきたんだろうって思いませんか?意識的に全て受け入れて今の生活を過ごしているのならそれはとても素晴らしいことだと思います。でもほとんどの人があまりそのことを考えない。ほとんどの人が【こんなもんだ】と思って毎日を重ねていく。私は【こんなもんでしょ】スタンスの生き方は絶対に嫌なんですね。生きてる感じがしないんです。なんか。どうせ死ぬんだったら誰かの心に刺さるか、何か事を成したいなーって思ってます。先日、私は副店長にこんな事を言われました。「何かモノを残すつもりはきっとないんですよね。誰かの心の中に残るようにしたいんですよね。」さすが・・・よう分かっとる・・・涙彼女に隠し事は全く出来ません。エスパーだと思ってます。私の面倒を見てくれる素晴らしいパートナーです。こんな人に出会えた事を心から感謝しています。実はこういった出会い、人との繋がりに関しても同じでほとんどの人が現在の環境、人間関係が全てだと思っています。ちょっと合わないなって思う人とも一緒に行動したり、思ってもないことに同調したりして人間関係を繋ぎ止めています。でも果たしてそこまでして繋げなければいけない繋がりなのでしょうか?確かに仕事の場面は人を選べないので、表面上穏やかに進めていく努力は必要です。一人になるから一緒にランチに行ったり寂しいから誰かの陰口で共通の話題を作ったりそれって何か自分にとっていいことですか?誰かの成長のためになりますか?自分の精神を犠牲にして繋げていくものでは無いのに実は意外にそういったことで悩んでいる方は多いですよね。自分にとってもよくないし、周りにとってもよくないからやめたほうがいいです。私もそう考えて約4年前、前の職場を退社しました。前の職場は個人サロンだったので個人サロンのネットワークがたくさんありました。そこを退社したことによって、面白い光景が見れたことも私にとってはとてもいい学びでした。フェイスブックの友達を外す人、美容師のセミナーで会っても挨拶もしない人。なぜ退社したかの経緯も知らないのに、その人達はその人達の基準で考えて、その行動をとっています。他人の基準に合わせて自分を卑下することは無いし、そもそもそんな態度を取るような性質の方とお付き合いしたいとも思わない。結果的に今はものすごくいい人間関係、そしていい職場に恵まれています。副店長もそうだし、可愛い後輩もそうだし、色んな面白い話を聞かせてくれる先輩もいます。最初、思い切って行動に出るときは不安でした。そんな鉄のハートな人間でもないので、笑それでもやはり、思い切って行動したことで空いたところには新しいものが入ってくることを実感したのです。これをご覧になっているあなたは今日はどんな気持ちで1日を過ごされましたか?毎日毎日同じように見えますよね。同じ一日にするのも、違う一日にするのも自分次第です。もしキッカケが欲しい方は金山さんのメルマガもそのキッカケになると思いますので下のリンクからとんで見てください。

考え方を変えていく

こんにちは、五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。今日は約10歳下の女の子スタッフ3名と副店長と私で京都までランチに行ってきました。普段サロンではあまり話さないようなこととか人生の色々な話とか、公の場では言えない話とか色々できてよかったなって思ってます。彼女たちは私と副店長とは10歳も違うのできっと感じ方も捉え方も違うだろうけど。もう少し大人になったらいつか今日という日を思い出して何か気づいたりしてくれたらいいなって淡い想いを抱いています。前回のお話の中で私はエザキさんからの言葉に大きな気づきを頂きました。自分の立ち位置が急に変わり、今まで見ていて、それがすべてで世界だと思っていたものが突然「すべて」ではなくなりました。《人は自分が見たいと思う現実しか見えない》これはローマの支配者であるシーザー・ユリウス・カエサルの言葉です。人間は自分の都合のいいようにこの世界を見る傾向があるということです。私はきっとそのように自分の都合のいいように思い込んで今自分の置かれている環境が世界の全てだと自分の中で位置付けてきたんだろうなと気づきました。自分が一生懸命やっていることもそこに費やしている他のことも含めて無意識に当時の職場、そこで生活する全てが「世界」だと思っていたのです。ですが、例えば今回のようにどれだけもがいてももがいても自分で考えうる限りの全てを尽くしてもどうしても報われない世界に生きていたとしたら、あなたはどうしますか?まだ努力が足りない、と努力を続けますか?さっさと別の行動に移りますか?何をキッカケに自分の心の方向性を決めますか?エザキさんの言葉に気づきを得て、まず私自身の思考に変化が出ました。私は別の行動に移る決意をしたんです。私は本も読みますし、ブログも読みますし、メルマガも読みます。実際に人にも会いに行きます。名言集を見るのも好きです。人の考え方に触れて、自分の中に取り入れることが好きなのです。この当時、私の思考をエザキさんのくれたきっかけからさらにパラダイムシフトするのを助けてくれたのはとあるメルマガでした。初めは正直あんまり真剣に読んでいませんでした。しょせん、メルマガ。会ったこともない、見たこともない人。何をしている人なのかもよくわからない。ただ、当時の私は《新しい物の見方》を渇望していたので、スポンジ状態。自分にとって少しでも面白そうであれば、興味本位で読んでいたのです。そんな時にこんな文章が目に留まりました《自分の未来にとって適切な環境適切なコミュニティに身を置くことで自分で思っている以上の力を発揮できる》適切な環境、、、適切なコミュニティ、、、そのメルマガによって、自分自身への新たな問いかけが始まったのです。自分の思いを明確にしなければ《適切な環境》も《適切なコミュニティ》もわかりませんよね。私は実際に人と会ったりする「行動」をしつつ、このメルマガで頭の中を整理し始めました。まさにびっくりするくらい勉強をし始めました。