五所尾仁美

記事一覧(89)

世界はきっとグレー

今週の月曜日は大阪の南堀江で開催された「美容師によるSNS活用セミナー」に行った。基本的に美容師のセミナーというのはディーラーさんやメーカーさんが主催するものがほとんどで、今回このSNSセミナーを知ったキッカケは4月に流れてきたtwitterでの告知だった。前々から個人的に運用の仕方がわからず放っておいたSNSに関する内容だったので、そのtwitterでのセミナー案内を見たときは即申し込んだ。会ったこともない、知りもしない美容師さんのtwitter投稿である。そのtwitterをキッカケに彼のブログを読み、行動や考えを知る。そしてtwitter上でどんな人達とやりとりしているのかをリサーチする。ある程度どんな人なのか理解した上で、単身でセミナーに乗り込んだ。行ったことのあるセミナー会場だったので場所で迷うことはなく、すんなりと会場に着いた。会場の入り口でセミナー代を支払い、中に進む。【おお、なんだこの威圧感は、、、】と感じたのは9割近くが男性の美容師だったから。約40名程いたと思うが、その9割が男性。久しぶりに男性が大人数になった時の独特の空気感を感じた。男性には悪いが、正直155センチの身長の私からすれば男性の集団は重い、硬い、苦しい。【ああ、だからソフトな男性ってそれだけでモテるんだな】っと勝手に脳みその中で言葉が聞こえた。考えたのでは無く、勝手に脳みそが喋った。初めの印象とは裏腹にセミナーは思いのほか楽しかった。現役美容師の講師が2名、それぞれにブリーチカラーとSNS活用の2本立てを同時進行で進めるセミナーだった。お二人とも初めてお目にかかる男性美容師さんで、お一人は佐賀県のサロンでスタッフを抱えるオーナーさん、もうお一人は大阪の一人サロンのオーナーさん。それぞれの個性が際立っていた。佐賀のオーナーさんはユーモアたっぷりのちょっとおかしな発言もしちゃう面白い方で、大阪のオーナーさんは丁寧でキチンとした印象の研究者のような方だった。もちろんメガネはかけている。こういった自分のことをまったく知らない人達が集まる場所に行った時にとても安心する性質が私にはある。他人なのに、話がわかる。初めて会ったのに、共感する。相手の言葉や考えの中に自分のカケラを発見して、ああ私は大丈夫だ、と思う。目の前の見ず知らずの、だけど美容師を一生懸命にやってきて生きてきた人の中に自分と重なる部分を見つけて、このままでいいのだな、と落ち着いた気持ちになる。単身で男性9割のセミナーに乗り込んで安心する、というのも共感を得ることは難しいかもしれないが、事実、身内とでは感じられない種類の安心感を感じる。それはいつもの世界(日常)が全てでは無い、という安心感だ。

両方とも大切

最寄駅から5つ離れた駅前のジャンボカラオケ広場にいる。34歳にして初めての【フリータイム一人カラオケ】に挑戦してみた。昨日、11時のオープンに合わせて予約をし、3時間ほど歌い続けた今、昼ごはんとしてジャージャー麺を食べた。一人で歌い続けることは予想以上に大変だった。せっかくなので全国バトルをしたり、精密採点なるものを導入して自分の歌唱力がいかほどのものなのかと試してみたがこれが予想外に点数が悪い。中の上、くらいに思っていたがとんだ勘違いであった。中の下、または下の上くらいの採点を付けられながら、【なんて思い上がった感覚で歌を歌っていたのか】と少しだけ恥ずかしくなった。いや、でも待て、そもそも私は【きちんと歌う】ことに命をかけたことはただの一度もない。【感情を込めて歌う】ことにこそ命をかけているではないか。そう開き直りながらも少しだけきちんと歌うことを心がけたら、採点画面には【情感たっぷりで聴き入ってしまう魅力があります】と出た。ほら見ろ。ほーれ見ろ。、、、、そうか、やはり他者が聴いたときの聴こえやすさも大事なんだな。。と次回からは【きちんと歌う】ことも念頭に入れて歌を歌うことにしようと思いなおした。先週、占いの先生から頂いたお言葉【頑張ってはいけない】を頭の中に叩き込んで毎日を過ごしている。朝晩唱える私のための呪文も欠かしていない。たった10日ほどではあるが、少しずつ立ち位置が変わってきたと実感をしている。今までなら感情が昂ぶっていたような事で昂ぶらないようになってきたし、何もしない自分を少しずつ認めることが出来ている気がする。私はひとつコレと決めたらそればかりが頭を占めてしまうタイプなので【頑張ってはいけない】と決めたら頑張ってはいけないを頑張ってしまう。物事を宙ぶらりんのままにしておくことが出来ない。答えを出さないまま放っておけない。【頑張らないとは如何なるものか?】という哲学すら始めてしまう。これは私が親しくお付き合いしていただいている方々も似たところがあるのではないかと思う。似た者同士だから一緒に過ごせるのだと思うし、完全にこれは自慢だが、自分が親しくお付き合いさせて頂いている方には本当に真面目で頑張り屋さんしかいない。なので私のこの成長期をキッカケに、皆様にも【頑張らない】を始めて頂けたらと思う。正直、難しい。今までの思考回路を根本から変えていく作業になる。苦しい。わかんない。これでいいのか。こんなのでいいのか。新しい世界では誰もが初心者だ。恐る恐る一歩ずつ足元を確かめながら、赤ちゃんが初めてタッチをしてこけそうになりながら少しずつ前に進むように、私たちは【頑張らない】世界に足を踏み入れていく。失敗してもいい。こけてもいい。やったことが無いことは、初めはなんだって難しい。

「頑張ってはいけない」というステージ

自宅から自転車で10分ほどのガストにいる。今日は17時きっかりに美容師の業務を終え、自宅に帰り洗濯を回して干し、母親に占いの結果を電話で報告した。その後、愛用して6年ほどの小さな白い自転車で1時間ほどウロウロしてこのガストまで戻ってきた。私は自転車であてもなくサイクリングするのが好きだ。あてはないのだが、実はこのサイクリングには大切な役目がある。自分の頭の中の散らかりを整理するときによく自転車に乗る。流れる景色を見ながら、沈みゆく夕日を見ながら、顔にぶつかる小さな虫を払いながら、日常的に頭の中を回っている考え事をひとつひとつ眺め、ひっくり返しては眺め、確認したらそっと確認済みの箱に入れる。確認を終えざっと俯瞰し、どう感じるかを自分に問うと、日常的に考えていた事は自分にとって優先順位が高いものに自然と整列する。自分の足が地に着く感覚だ。占いは私が尊敬する先輩に紹介して頂いた。ありがたいことにその先輩は私の鑑定中私の横にいて、一言たりとも漏らすまい、と占い師さんの発言を記録してくれた。私は途中盛大に泣いたので、うろ覚えのその時の内容は先輩が記録してくれた用紙が私の記憶を補ってくれた。私は占いに行くのが初めてだったので究極に緊張していたが、90分の鑑定のあとはビックリするほどスッキリとしていた。もし恐ろしいことを言われたら、、と不安に思っていたが、怖いことは一つも無かった。自分が最近薄々感じていたことを初対面の占い師さんにバシッと指摘され、近い将来について抱いていた不安にも一筋の光が見えた。今のタイミングでこのような機会を得られたことは本当にありがたいことだし、必要なタイミングだったのだと思う。こうなるべき流れだったのだとも思う。せっかくわかりやすく示して頂いた道標だから、それを信じて歩きたいと思う。

次の一歩を大きく踏みだそう

イオンモールのフードコートにいる。今日は念願の映画【キングダム】を劇場で観るためにここまでやってきた。過去数年に比べて、2019年になってから頻繁に映画を観るようになった。正確に言えば過去5年間に比べて、だ。前の住居の時にはインターネット回線を引いていて、月額1000円のHuluを契約していたので頻繁にPCで映画を見ていた。もともと映画はとても好きで多い時は毎月4作品くらいは観ていた。基本的にホラーやスプラッター以外は近未来も恋愛系も何でも観るタイプだが、好みのストーリーは【這い上がる】系だと思う。今回の【キングダム】の原作の漫画は読んでいないが、あらすじを予習しているとやはり【這い上がる】系だった。CMで強調されている言葉が【奪還せよ】なのだからそりゃそうだろう。誰かから何かを取り返して、何かを何とかしたいのだろう。まだ観ぬ【キングダム】の予告編を観ていると、主人公がなんだかとても怒っている。怒って怒って、相手の悪者から何かを【奪還する】らしい。その奪還したい何かを取り返して、主人公が何をしたいのかはわからないが、とにかく相手は自分とは桁違いの身分の人間で持っているもので比べるとまず勝ち目などない。それでも挑む。それくらい怒っている。勝ち目の無い戦いを【挑む】熱量と同じだけの熱量であるその【怒り】を私は尊いものだと思う。先日の日曜日は市議会議員の選挙日だったのだが、前日の土曜日は立候補者が駅前の演説で白熱していた。お店の中にいては何を言っているのかまで聞き取ることは出来なかったが、その怒声に近い演説には何かしらの強い想いが乗せられていたのだろう。今の市政の何かに強い想いがあるから怒声をあげて訴えていたのだと思いたい。現状の何かを変えるには、それくらいの、叫びたいくらいの、勝ち目が無くても行ったるでくらいの強い想いが必要なのだと思う。そして強い想いというのものは、大抵、何もかも満たされている環境では生まれない。コンプレックスだとか劣等感だとか欠乏感だとか、ネガティブな想いからしか誰にも止められないような強力なエネルギーというものは生まれないのでは無いか、と思ったりしている。現状に対する不満。生きている環境、自分の容姿、人間関係、経済状況、、、私たちを取り巻く状況は様々だがそこで生きることで幸福感を既に感じているとすれば、多少の不満はあれども状況を打開するための行動をとろうとはしないだろう。もしかしたら、今よりもっと悪くなるかもしれない。周りに冷めた目で見られるかもしれない。友人が離れていくかもしれない。親に叱られるかもしれない。そのリスクをとってまで変化を望むことはとても怖い。私自身ももちろんそのリスクを考える。考えて考えて考える。だが、いつももう一人のゴショオヒトミがひょっこり顔を出す。【その選択で後悔しないか?】【その選択は自分をドキドキさせてくれる選択か?】【現状のまま、あと何年生きるつもりだ?】と。【現状の生き方を続けて見える未来は、自分に夢や希望や生きる楽しみを見せてくれるのか?】積もっていた小さな不満にふつふつと種火を灯してゆく。

楽しく生きたもん勝ち

生駒駅のサンマルクカフェでモーニングをしている。今日は知人から税理士さんを紹介してもらう予定なので出かける前にブログを書いている。個人事業主になったので、税金のことなど色々と自分でしなければいけない。が、それにしても知識がなさすぎるので一度税理士さんとお話しして確定申告やらなんやらのお話も教えてもらう予定だ。先日あるディーラーさんに【税金のこととか自分でするのは面倒ではないですか?】と言われた。実際まだ確定申告も諸々の手続きも自分で行なっていないのでわからないが、多分面倒くさいのだろう。面倒くさくても自分のことなので自分でやろうとは思う。自分の頭で考え、行動した方が知らないことを知ることが出来るし、何かあった時にも自分で立てるようになる。自分を頼れるようになる。私は人の手を借りないと立てない状況というのが好きではない。人に頼りたくないわけではなくて、例え何かの物事を人に頼るとしても、一度は自分で経験するなりして体で感じた上で人に託したい。面倒くさい手順を踏んでいるとは思うが、その方が託す相手に感謝の気持ちを持てると思うからだ。そしてもし託した相手に助けが必要な時、自分が助けることが出来るかもしれない。願わくば、助けてもらうだけよりも自分も相手も助けることができる人でありたい。先日後輩に【やりたいことが明確だからいいですね】と言われた。今きっと皆さんの目に映る私は【美容師もカメラもやりたい人】なのではないかと思う。実際のところそれは正しいけど、正しくない。美容師もカメラもやりたいけど他のことだってやりたい。IT関係の勉強もしたいし、将来的には株もしたい。出来るとか出来ないとかの可能性で決めているのではなくて、興味があるからやりたい。その中で今すぐに出来そうなところからやっている。美容師はずっとやっているし、カメラも持っているからそれなら撮ればいい。カメラをやりだすとレタッチという修正スキルが必要になる。そうするとPCの作業が必要になる。もっとPCのスキルがあれば発信するスキルも上がる。それを活かしてWEBに強くなれたら、、、、という一種の夢を連鎖している状態だ。だから【何を目指しているのか?】と言われると少し困ってしまう。数年前まで【売れっ子美容師】を目指していた。でも今はそういう固有名詞ではなく、【楽しく生きること】を目指している。人間は自分で決めたことを実行している時に充実感を得る。人から指示されたことをこなすだけでは充実感を得ることはできない。自分の人生を楽しもうとすることに必死なのである。その後輩にも伝えたのだが、そもそもやりたいことなんてやりだしてみないとわからない。中華料理を知らなくて【うお〜!!!!今日は猛烈に中華食べてえ〜!!!!!】とはならない。最初っから何が自分にハマるのかなんて誰にもわからないし、やってみたら違ったりする。それでいいのだと思う。損するかもとか無駄になるかもとか、大概の不安は過ぎてみればどうでもいいことになる。無駄と思える中から何を得るかすら自分で考えて作ってしまえばいいのだ。例えばどこかのセミナーに行って、講師の喋りが下手であればどの部分が下手なのか観察すればいい。自分がその下手ポイントを理解すれば、それだけの学びに繋がる。自分が意図して得た全ての経験は自分の宝物だ。一見損に見えるような経験すら、その経験上に自分が進化すれば、かけがえの無いものになる。その20代の後輩にはこう言った。【私は今年で35歳になるけど、正直もう少し早い段階で外の世界に目を向けて色んなことに気づくべきだった。あなたはまだ25歳でなんでも出来るのだから、とにかくやりたいことは全部やって、小さな失敗をめちゃくちゃしてほしいと思う。】と。

自分がなりたいと思う人間になる

今年の花粉は本当につらい。目にも鼻にも喉にも来る。目の奥が痛くて開けてられないので、最近はもっぱら伊達眼鏡の生活である。今使っている伊達眼鏡はブルーライトカット用に我らがAmazonで購入したものなのでオシャレさにかける。わかってはいるのだが、次に伊達眼鏡を買うときはここで買ってみたいな、と思うお店があるのでなかなか買わないままでいる。そのお店の名は【オンデーズ】。少し前に【破天荒フェニックス】という小説の題材になった眼鏡屋チェーン店で、この小説の中のオンデーズは実際に実在し、潰れかけのオンデーズを買収し立て直した社長が書いた小説が【破天荒フェニックス】だ。今は世界規模で展開するまで大きくなったが、元々は投資家の10人中10人が「オンデーズは潰れる」と口を揃えて言うほどの負債を抱えた会社だったらしい。借金残高14億円。マイナス14億円+銀行からの増資もなし。そのスタート時からの物語を知っているので、出来る限りそんな面白いストーリーを生きてきた会社の製品を買いたいと思う。そうか、オンデーズは今この眼鏡で生きてるんだな、と思ってそれを身につけたいと思う。きっと私はその眼鏡と共にそこで頑張る人の想いを身に付けたいのだと思う。私は主人公が弱い底辺のところから這い上がる物語が好きだ。この【破天荒フェニックス】もまだ最後まで読み終えていないが、底辺にいて這いずり回って頭ひねって必死に切り抜けて、自分の想い描く未来へとコマを進めていく中で、裏切られたり助けられたりして徐々に自分の思っていた未来に近づいていく熱い系ストーリーは大好きだ。少し前に映画で上映されていた【グレイテストショーマン】も大大大好きだし、今月に観に行きたい映画の【キングダム】も奴隷の主人公が這い上がっていく物語だ。内容はまだ観ていないので割愛するが、困難が目の前にきた時、自分が不利であっても構わず突き進む姿に心を打たれる。その真っ直ぐさに打ちのめされる。なんでこんなに自分に正直にいられるのか。諦めないのか。折れないのか。その意思の強さはどこからくるのか。好奇心旺盛すぎる五所尾さんは真相が知りたくて仕方ない衝動に駆られる。「イッタイソノツヨサハドコカラクルノ」そしてどうしようもなくその姿に魅せられながら思う「ワタシモアンナフウニイキタイ」そう、私はそんな小説や映画の主人公のような生き方を自分もしたいと思っている自分に気づく。おいおい、三十路真っ只中だぜ?夢見るのもいい加減にしなよ。え?人生で何かを始めるのに年齢とか関係なくね?だって「人間は、結局、自分がなりたいと思う人間になる」って文学者のゲーテも言ってるってよ。年齢は関係なくね?自分がなりたいと思う人間になれるように生きればなれるんだよ。きっと。きっと。

選択に正解はない

3月が終わろうとしている。いつもこの時期になると数年前の同じ時期のことを思い出す。次の4月で私は今の会社に入ってなんと5回目の春なのだ。5回目の春。5年目。5年前の今頃。あの頃から数えて5回目の4月を通り過ぎたすぐ三ヶ後の7月、ついに私は35歳になる。正直なところ、30歳を過ぎたあたりから年齢のことをほとんど考えることはなく、今年は何歳になるんだっけか?と周りに聞いてしまうほどだ。だが、5年前の今頃の私は違っていた。30歳の節目の年に8年勤めていた前のサロンを辞め、私の人生史上初めての大型サロンに移ろうとしていたのだ。美容師を18歳から始めて12年目にして大きな環境の変化を望み、また1年生になったつもりでスタートしよう不安と期待に胸をソワソワさせていた。そう、その頃のことをまた思い出している。束の間の春休みで東京に行った。明治神宮で祈った。お客さんが住んでいる島根県に行った。出雲大社で祈った。美容師をお休みしている友人と三重に行った。伊勢神宮で祈った。たった2週間ほどのお休みのスケジュールの中身がたまたまそうなったのだが、「次のステージで活躍できるように頑張るから、どうか見守ってほしい」とあちこちの神様に祈り倒した春休みだった。5年の間にどれだけ成長しただろう。大人になって感じるのが難しいことのひとつに「成長度合いを測りにくい」ということがあるように思う。仕事の成績や技術課題をクリアする、というのは社会に出た大人の基準では成長とカウントしない。と思っている。大人の成長とは「どれだけ広い視野で物事をみれるか」とか「自分の執着をどこまで手放せるか」とか「他人と自分の違いをきちんと認めることができるか」とか人間としての成熟度のことを言うと思う。仕事の成績が良くても課題をクリアするのが早くても、人間として魅力的で無いなら成長していると言えない。と思っている。点数を稼ぐコツを知っているだけだ。長時間一緒にいることは出来ないし、意見も聞きたくない。願わくば、私は「あいつの話を聞いてみたい」と思われる人間になりたい。本当に困った時に「相談したい」とか言われたい。「あの人は面白い視点で物事をみているから、考えを聞いてみたい」というところを実はひっそりゴールにしていたりする。ただただ世間一般の言葉を並べる良識者よりも、世間一般というものをある程度理解している曲者でありたいと思う。

命を使いきる

書いては保存し、最後まで書き切っていない文章がいくつもある。書こう書こうと思うほど、何から書いていいのかわからなくなり、途中で自分自身が迷子になってしまう。だが、日々の中で感じる沢山の感情や溢れてくる思いはとめどなく、自分自身の中だけに留めておくには私の中にある感情タンクは容量が少なすぎてやはり何らかの形で外に溢れでてしまう。インスタやツイッターやブログや何やらかんやらを通して。自分の考えていることや想いを外に出し表現するということは私にとってとても当たり前の日課のようなものだった。それは幼い頃はお絵かき。そこにストーリーが組み込まれ、小学生の頃になると将来の夢は漫画家だった。自分で思った通りにシナリオをイメージし、キャラクターを作る。一人っ子の私の遊び相手は漫画と新聞に挟まっている広告(裏に印刷が無いもの)とボールペンと筆ペンだった。小学校の高学年になると仲の良いお友達とお小遣いを出し合い、漫画家が使うトーンと専用の用紙を買った。トーンの貼り方もイマイチよくわからなかったし、専用の紙に書いたところで印刷の仕方も分からなかったので仲良し漫画家チームは自然消滅した。ちょうどその頃に安室奈美恵が一斉を風靡し、私も例に漏れず、安室ちゃんにハマってしまい、安室ちゃんに何とかして近づきたいという思い半分、漫画を書いていた時に髪型を書くことが好きだったことが半分の理由で将来の夢を美容師に方向転換した。そしてなんだかんだで美容師歴はいよいよ17年目になる。

見つめていたい

今日は大阪難波の大好きな場所、スタンダードブックストアでブログを書いている。ここには10年位通っていると思うのだけど、いつ来ても静かで適度に話し声や洗い物をする音が聴こえて、オープンスペースだけど各々プライバシーを守っている感じがとても気に入っている。私の大好きな文房具やいつ売れるのだ?一体誰が手に取るのだ?というジャンルのマニアックな本が置いてあったり、ちょっとゴチャゴチャしている感じも良い。地元から外に出てくると思うのだけど、自分のことを放っておいてくれる空間というのは妙に落ち着く。私が何をしようがどんな格好であろうが誰も気にしない。それぞれがそれぞれのペースで人生を進めていて、たまたまここに居合わせただけ。だけどこんなに沢山のお店がある中で、わざわざ駅から歩いて、この地下の目立たないカフェを選んでくるところを考えると、ばらばらの人生を歩んでいるけど、どこか見えないところで何か共通のものを求めていたりするのかな、と深読み五所尾は考えてしまう。右斜め前の彼女は茶色い髪を綺麗に巻いて、発色の良いリップをつけてファッション誌を読んでいる。私と同じ人類科の種族とは到底思えないけど、それでも何か共通のものがあるのかな。とか。

愉快なおとなの世界

今週の月曜日は私にとって16回目の成人式のお手伝いだった。18歳で美容の世界に入り、19歳で初めて成人式で新成人のお客さんのメイクをした。自分自身の成人式の日も私は現場に立っていて、友人のメイクを担当して、成人式へと送り出した。あの時自分がメイクをして送り出した友人の笑顔を今でも覚えている。幼い頃から知っている友人の華やかな姿はとても素敵だった。そして美容師の仕事は本当に素晴らしいものだと19歳にして思っていた。自分の選んだ道は素晴らしい。16回目でも現場で感じることは同じだ。回数を重ねるごとに【やべえ、寝坊できねえ!】という切迫感は薄れ【し、失敗したらどうしよう!】という恐怖もほぼ無いけれど、【ああ、美容師は人を幸せにすることが出来る仕事なんだなあ、自分はあの子の一生に一度の成人式に携わって喜んでもらったのだなあ】と実感する。毎日毎日沢山のお客さんに【ありがとう】を頂いているけれど、成人式に関してはお客さん自身の《人生で一度きりの大人の儀式》という思い入れが強く、高校生の頃から髪の毛を伸ばしていたり2年前から予約したりと親子さん共々準備をする。その過程も含めて【成人式】なのだ。その背景を知りながら、当日、笑顔でお迎えに来られたお母さんの姿やいつもより大人びた様子の娘さんに荷物をお渡しするときにも【ああ、良かったなあ】と本当にめでたく嬉しい気持ちになる。そして自分の手が指が技術が目の前の人々を喜ばせる一端を担っているのだ!と思うと、【あー、もうそんだけ喜んでもらえたらお金はいらないです!!もうこっちがありがとう!!】と言ってしまいたくなる。(悲しいかなお代は頂かないといけない) なので成人式営業というのは終わった後、新成人の方々と同じくらい私をとても清々しい表情にしてくれる。今日という日まで色んなことがあってそれが一区切りついたような、新たなスタートを切ったような。