わたしの 何かが 誰かを照らす

そういうものにわたしはなりたい

勉強するでしょ、美容師なんだから。

【ヘアスタイルは人生を変える】をモットーに
奈良県生駒市で美容師をしている
五所尾仁美(ごしょおひとみ)です。


営業終了後に
ちまたで話題のカラー剤THROWの講習会。


今回はヘアスタイルから外れて
ちょっとした想いを綴ろうかと。



今日はスタッフをモデルさんとして
実際染めて、色を見たり質感を見たり。


私がアシスタントの頃は
月曜に講習会に行って、地道に毛束を染めたり
次の講習会までに宿題を出されて
それをお店でやったりもしました。


あとはひたすらにモデルさんを染めさせてもらって、月に何十人も染めました。

これは自分の中に
カラーのデータを作る作業になります。
その蓄積がカラー技術の上手さになります。


当時ダブルカラーという
ブリーチしてから薄い色を入れるカラーが流行っていたので、ダブルカラーはかなりやりました。


先週もカラー講習で
本日もカラー講習だったわけです。




大変だ、と仰って頂くこともありますが、




美容師の職業を選んだ以上
勉強するのは当たり前です。


勉強しないなら
美容師は辞めたほうがいいですね。
お客様にとってご迷惑だと私は思うので。



勉強といっても
やはり自らとりに行く学びの方が
確実に身になると思います。


与えられたことをこなす勉強スタイルは
日本の得意分野ですが
結局あまり長い間記憶されはしない気がします。


自分の持っている中の
何かを投資して
新しい何かを得る。


それを活かして
誰か幸せにする。


そういう生き方が楽しいって
私は思っています。



楽しく生きるために
勉強しなきゃ。




0コメント

  • 1000 / 1000